FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2020/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
囲み取材
『FINAL CUT』(毎週火曜よる9時~初回15分拡大)

亀梨和也、KAT-TUN充電期間中に実感したこととは?
後輩との関わり方に変化

modelpress編集部:

亀梨演じる母親を自殺に追い込まれた過去を持つ主人公・中村慶介(なかむらけいすけ)が唯一心を許す存在である、幼なじみの野田大地(のだだいち)役を演じる高木。亀梨は、顔合わせで緊張した高木が、共演者やスタッフが大勢いる前で「あの…亀梨くんにタメ語を使うことをビビってます」と話していたエピソードを紹介。そんな高木とのやり取りを振り返った亀梨は、「俺、そんな怖いことしたつもりはないんだけど(笑)」と笑顔を見せ、「(高木を)飯でも連れて行こうかなとは思ってます」と積極的に交流していく姿勢を示していた。

また、先輩として教えてあげたいことを問われると「それはないです。もちろんその瞬間、この瞬間に思ったことは口に出すようにはしますけど、前もってこういうことを教えようとかはないかな」と回答。「後輩の子と共演することって、あまり多いタイプではなかった」という亀梨だったが、「今年で言うと“亀と山P”(山下智久との期間限定ユニット)をやる中でも、ジュニアをバックにつけたり、ソロコンサートでもジュニアの子たちに良いチャンスがあったらなと思って。今回もすごく良いパスが出来るのかな」と今後の高木との絡みに期待を寄せている様子を見せた。


これまで後輩とは、「Kis-My-Ft2、A.B.C-Zがバックについてた頃は、(ツアーで)全国まわる中、ご飯行ったり、ホテルの部屋でくっちゃべったり、そういう時間は取れていた」と必然的に関係を深めていくことが出来ていたようだ。しかし「今は(KAT-TUNが)充電中で、その充電の前もKAT-TUNとしてのツアーというのはがっつり出来ていなくて、そういう(後輩と交流する)時間がここ4~5年なかなか取れなかった」という。

そんなグループの充電期間が後輩との関わりを強く意識するきっかけとなったようで、「僕も、先輩とお仕事させていただいたり、交流を持たせてもらっている中で感じることがあって、すごく助けられている」と自身の経験を交えて説明。「だから僕も、後輩たちに対して意識的にそういったものを提示したい。ちゃんと(後輩と)交われる時間を作りたいなと、ここ何年かは思っている」と心境の変化を明かした。

そして「僕と交わることによって、何か少しでもヒントやチョイスが増えてくれたらいいなと思う」と後輩への思いを語り、頼れる先輩の表情を覗かせていた。

■亀梨和也、初の復讐劇「FINAL CUT」
同作は、高校生の頃、ある女児殺害事件で母親を犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ慶介が、それから12年の時を経て、事件の真犯人を探し出し、母を追い詰めた者たちへの復讐を果たすため動き始める…というストーリー。

SNS等によって誰もが簡単に映像を受け取り、発信することができ、同時に誰もがその影響力の大きさ、危うさと隣り合わせで生きる現代。慶介は、素性を隠してターゲットに近づき、公開されるとその人の人生が終わる致命的な映像“ファイナルカット”を突きつけることで、彼らを「ある目的」を達成するために、言いなりにしていく。そんな今の時代ならではの「映像」を駆使した手段で、 亡き母親のため復讐を進めていく男の切なくも痛快な新たな復讐劇となっている。

ほかに、藤木直人、栗山千明、橋本環奈、林遣都、高木、水野美紀、佐々木蔵之介ら豪華共演者が揃い踏み。

なお番組公式サイトでは、ポスタービジュアルが解禁された。




オリスタ:

同ドラマは、殺人事件で母親を犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ男の“復讐”を描く物語。亀梨は『サプリ』(2006年)以来11年半ぶりとなる同局系主演となり、単独としては同局系初の主演作となる。共演には、藤木直人、橋本環奈、林遣都、高木雄也(Hey! Say! JUMP)、やついいちろう、杉本哲太、水野美紀、佐々木蔵之介らを迎える。

 亀梨は今作の見どころを「何をキャッチするかのレパートリーが多い世の中で、善と悪に対するジャッジは難しくなっている。悪気がなくても悪を生み出して被害者になり、加害者になってしまうケースが、すごく身近にある怖さをテーマに持っている。僕自身はSNSにすごく疎いですが、現代社会におけるそういった部分のツボを突いている作品でもあると思います」と力説。「メディアの側にいる人間として、メディアのことを扱う難しさというものは感じています」と率直な思いも打ち明けた。

 自身が演じる役どころについても「この主人公は、ひとの出来事がなければ本当にまったく違う人生を歩んでいたと思うんですね。それだけ、その出来事に執着しているとなった時に、僕は台本を読んで、確実に、対出来事であり、対相手によっての嗅覚で生きているところがすごくあると感じた」と解説。「その自分の感覚を信じてやってみようかなと思っているので、6割の薄いラインは用意して、4割を自由に埋められる引き出しを持っておくという気持ちで行こうと思います」と言葉に力を込めた。

 事務所の後輩である高木との共演も胸が弾んでいるようで「僕自身、年齢を重ねていく中で、立場的、立ち位置的に後輩にいろいろできたらいいなと思っていたりします。今年の山P(山下智久)とやる中でも、ジャニーズJr.をバックにつけてやろうよとか、ソロコンサートでもJr.の子を付けたり。心としては、今回もいいパスができるかなという思いがある」としみじみ。「ただ高木はすごいビビっていて…オレ、そんな怖いことをしたつもりはないんだけど、顔合わせで『亀梨くんにタメ語使うのをビビってます』って言っていましたよ」と笑わせていた。



テーマ : 亀梨和也
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

Secret

コメント

愛はいつも追いかけるモノ + 愛のかたまり
ACTOR de 亀様
アルバム de KAT-TUN
シングル de KAT-TUN
LIVE de KAT-TUN
BOOK de KAT-TUN
ACTOR de KAT-TUN
STAGE : SPECIAL
Real Faceなお友達
welcome
ナカマー
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSリンクの表示
Kayo(ё_ё)とは?
給料泥棒でーす
1日中ブログ更新してま~す
亀様大好きで~す
ついでに関西在住で~す
<某所・匿名様のアタシ評>

当たらずも遠からずって感じ
しかも十分ヲバでございます
自覚してますのでご心配なく

MESSAGE
エントリーに頂きますコメントは
Kayo(ё_ё)の承認後の公開になります。コメントにはHNかお名前をいれて下さい
名無しのコメントに関しましては、非公開・削除になる場合があることをご了承下さい
ギャル文字はご遠慮ください

アタシのポリシーとして「噂の段階のものは書かない」と言うスタンスを取っております。
頂きますコメントも「噂と判断できるもの」や「確情」でないものは公開しない、或いは削除させて頂くことになります。
ご了承ください。

KAT-TUNが出演する番組等の「ダビング」「売買」などをお願いされましてもお応えできません。

「ブロとも」は受け付けておりませんので申請はご遠慮ください

ブログではありますがリンクフリーではありません
「相互LINK」は現在お応えすることができません

Please do not link to this site.
Sorry, We don't exchange links.

■Kayo(ё_ё)への苦情・クレーム・お便りは 【こちら】
※メールフォームですので、お気楽にどーぞ(^_-)-☆
亀様とヲタアイテム
Kayo(ё_ё)的旅の御用達
コンサといえば「遠征」
お安く?セレブに?思うがまま
















ブログリスト
毎日がPeacefuldays
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
HEART BREAK CLUB
Twitter